こんにちは、オリバーです。

 

今回は、いつでも可愛い彼女やセフレを
作れる特殊能力を身につけるコンサルティングと、
同じ目標を持つ仲間を集めるコミュニティの

 

の案内を差し上げます。

 

 

 

 

恋に悩んだ中高時代

 

 

今からこれを読んでいる人の
恋愛が劇的に進化する案内をしますが、

先に少しだけ昔話をさせてください。

 

 

どちらかと言うと陰キャでもないし、

勉強もスポーツもそこそこできる僕ですが、

何故か恋愛だけは全然ダメだったのがこの中高時代です。

 

 

女の子に好かれる為の研究を色々としましたが、

どれも的外れで全く参考になりませんでした。

 

 

当時はネットも今ほど普及していなかったし、

正しい情報にアクセスする能力もなかったです。

 

(正しい情報にアクセスするのにはそれなりに能力がいる)

 

自分なりの試行錯誤を永遠と続けますが、

正直全くモテることはありませんでした。

 

それもそのはず、当時の僕は自分が「こうだったらいいな」と思う、

解釈を極端に曲げた自分に都合の良い妄想をしていました。

 

 

おまけに当時はプライドも高かったので、

「自分の能力が低いからモテない」という発想は全く持ち合わせておらず、

「俺の良さを分からない女が悪い!」と思っていました。

 

正直、このマインドを持っている時点で

どう考えてもモテるようにはなりません。

 

 

人にモテる(好かれる)ということは、

「相手が望んでいることをする」ということなので、

自分本位なマインドを持っているうちは、

恋愛面で成功することは絶対にできないんですね。

 

 

大学生になり、自分の魅力のなさを認める



 

さて、そんな拗らせ野郎だった僕も大学生になり、

本気で「モテよう。」と決意して初めて、

 

「自分の至らない点」を認めることにしました。

 

当然のことながら、僕は人生で野球しかしたことがなかったので

恋愛やコミュニケーション能力に対してステータス振りをしてきませんでした。

 

 

大学生は、高校生と違いクラスも教室もなく、

誰かに友達を作ってもらう環境を用意されないので、

当然、コミュ障は◯にます。

 

当然、僕も◯にました。

彼女はおろか、友達が一人もできなかったのですw

 

 

部活の同期がいたからなんとかなったものの、

流石に部活以外に友達がいないのは寂しいものでした。

 

マッチングアプリとの出会い




そんなコミュ障の僕ですが、

「彼女は欲しい!(色んな女の子と◯リたい!遊びたい!)」

と思い、なんとか方法を模索して辿り着いたのが、マッチングアプリでした。

 

 

厳密に言うと当時はまだマッチングアプリではなく

「出会い系サイト」という名称で日の当たらない存在でしたが、

僕はこの出会い系サイトやランダムチャットアプリ、

ランダム通話アプリ(斉◯さん)を使い倒し、女の子との接点を増やしていきます。

 

僕は確かにコミュ障でしたがそれは対面での話であり、

電話なら顔が見られないので自信満々(ハッタリ)で喋ることができました。

(今思うと顔に自信がなかった)

 

 

女の子というのは不思議なもので、

実際に会っていなくても、深い価値観を共有できたり、

言葉だけでもドキドキさせることができれば、

自分のことを好きになってくれるのでした。

 

これは同じ人間でありながら、男性とは全く違う部分でした。

 

正直な話、男性は容姿が良い女の子じゃないと

興奮もしなければ好きになることはないと思いますが、女性はそんなことはないのです。

 

勿論、最低限の基準は満たしている必要はありますが、

それは髭を剃るとか、臭くないとか、服がボロくないとか、それくらいのレベルの話です。

 

当然、「イケメンじゃなきゃ無理!」という女性もいますが、

そういう女性とは今は縁がなかったと思い、諦めて次の女性を探します。

 

そんな事を繰り返していく事で、

僕の恋愛能力は相当鍛えられました。

 

 

特に電話は相手の顔を見ずに、

「声のトーンや雰囲気で相手の恋愛能力(どれくらいモテるか)を推測し、

それに対応するキャラクターを不自然にならない程度に演出して、

女性の求めるキャラクターを演じる」という、

今後一生役に立つようなスキルを身につける事ができました。

 

 

 

僕はずっと、「女にモテない」と思っていましたが、

実はそれは勘違いで、シンプルに経験値や数、つまり練習が足りていなかったのだと気が付きます。

 

 

 

覚醒し、ヤ◯チン街道を突っ走る

 



元々野球で努力する習慣はついていたので、

 

「恋愛は経験で上手くなる」

 

という事実に気がついた僕は調子に乗ってヤ◯チン街道を突っ走ります。

 

 

20歳まで経験人数3人だった僕(毎日恋愛の事を考えてこれだった)が、

22歳になる時点で経験人数が50人を超えていました。

 

本当はもっと遊びたかったですが、

部活の都合で女の子とお泊りできるのは一週間に一回だけでした。

 

なのでその一週間に一回のチャンスを逃すまいと、

毎週コンスタントに女の子とのアポを入れていました。

 

当時はまだ、今使っているマッチングアプリのノウハウが確立される前でしたので、

安定的に女の子と出会える訳ではありませんでした。

 

その状況下で毎週女の子とデートして

ほとんどの確率でお持ち帰りができているのは

個人的に凄い事なんじゃないかと思います(笑)

(ただの大学生ですしね)

 

 

せっかくなので、どんな経緯で女の子と知り合って、

デートしたりセックスしていたのかを紹介していきましょう。

 

 

 

①H大学のラグビー部のマネージャー

 

僕の人生で初めてできたセフレらしいセフレです。

 

元々は出会い掲示板に投稿してあった連絡先に連絡してみたら

知り合った女の子の友達で、紹介で知り合いました。

 

顔がそこそこ可愛いのもありましたが、

振る舞いや所作があざとい、小悪魔系の女の子でした。(モテるタイプ)

 

身長は小さいですが、体はそれなりに実っていて、

相手の家に押しかけて良くセックスしていました。

 

凄く気が合ったので、セフレ関係が落ち着いてからも、

男女を集めて合コンをしたり、異性遊びの報告をしあっていました。

 

 

あれからもう4年くらい経ったので流石に連絡は取ってませんが、

多分今LINEしても返信は来ると思います。

 

 

②マッチョ好きの年上お姉さん(ギャル系超美人)

 

僕の人生史上最強の美女です。

年齢は当時35歳でしたが、どう見ても20代にしか見えないやばい人です。

 

プロ野球選手や芸能人、経営者層と仲良しでしょっちゅう口説かれていますが、

あんまり好きになる事はないらしく、付き合うのはいつも年下のマッチョです(笑)

 

マジの美人なので20代の頃に散々夜の世界でそういう体験はしたらしく、

あんまり金品に興味を示しません。

 

 

本能的に強い男を引き寄せる体質なのか、

いつも彼女が大好きなマッチョに口説かれて付き合っていますが、

彼女ががっつり入れ込む事はなく2〜3ヶ月で別れています。

 

僕との関係はと言うと、21歳の頃に一回ワンナイトした後

一切会ってないにも関わらず、4年経っても未だに連絡は取っています(笑)

 

毎度電話する度に「いつ結婚するの?」という話になるのですが、

ついに「あなたかもしれない。」と言われましたw

 

僕は毛頭そんなつもりはないので、

「いやいやw」とはぐらかしましたが、ちょっとドキッとするのは事実ですよね。

 

 

③やたら家に押しかけてくる高学歴元チアリーダー

 

この子はJ大学の卒業生で銀行に勤めていました。

大学時代は部活でチアをやっていたそうです。

 

ペアーズで知り合い、初めて遊んだときに

ホテルに連れ込みますがセックスできなかったものの、

向こうがやたら食いついてきて僕が当時住んでいた家でセックスすることになりました。

 

 

身長が高くて顔は可愛かったですが、

体型が少しだけがっちりしていてそんなにタイプじゃなかったですw

(細い子が好きなのでw)

 

彼女は僕の顔は全然タイプじゃなかったらしいですが、

当時僕が実験していたいじり倒すキャラが刺さっていたようです。

 

今は結婚しています。

 

 

他にも沢山いるのですが、ワンナイト勢はあんまり記憶にないのと、

一時期毎日のように別の女の子と遊んでいた時期があるのでその辺の記憶が曖昧です。

 

 

まあでも、毎日日替わり弁当の如くセックスしまくっていたおけげで

コミュ力も自信も相当身についたし、

中・高で植え付けられたコンプレックスも一切なくなりました。

 

「女遊びは善か悪か?」

 

みたいな議論がたまにありますが、

僕は男であれば女遊びは経験した方が絶対にいいと思っています。

 

 

「性欲がない」とか、「モテたいと思わない」って人も、

感情に蓋をしているだけで、モテたくない人なんていないと思うんですよね。

 

 

 

 

女遊びを終えてからナンパ師デビュー




ヤリ◯ン生活を謳歌し、非モテ時代と決別した僕ですが、

一つだけ手に入れていないスキルがありました。

 

それは、「初対面で人を魅了するスキル」です。

 

 

そう、僕の恋愛のスタイルとしては、

「一度知り合った人間と、徹底的に仲良くなる」

ことに関してはかなり長けていましたが、

 

 

初対面で興味を持ってもらうことや、

出会いを生み出す能力はまだまだ高くないと感じていました。

 

そこで、僕は前から気になっていた「ナンパ」に着手することにしました。

 

ヤリ◯ン生活を謳歌する上で、僕が参考にしていたのは現役のナンパ師達のブログでした。

 

今は多くのナンパ師がnoteを販売する時代ですが、

それより前の世代では、

「ブログを書いて、仲間を作ったり合流する」

ことが主流でした。

 

ナンパ師達は合流し、お互いのスキルや知見を交換して能力を磨き合う、

非常にストイックな活動をしているのでした。

 

女遊びを謳歌していた僕は、

「対女性スキル」には自信がありましたが、

「道行く知らない人と仲良くなる力」には全く自信がありませんでした。

 

 

ナンパなんて、頭のおかしいやつがやる事だと思っていたし、

コミュ障の自分がやるような行為ではないと思っていたからです。

 

だけど、ナンパ師の世界は非常に合理的に女性を口説き、

セックスする、もはやスポーツや芸術のような世界だと知ります。

 

完全に価値観が変異し、僕はナンパ師になる事を決意します。

 

 

ナンパ師になる人の動機の多くは、

「モテたい・ヤリたい」であり、その中でも特に、

「リアルコミュニティで敗北した男達の最後の砦」というパターンがかなり多いです。

 

 

しかし僕は既にそのステージはクリアして、

更なる高みを目指し参入したので、ナンパ師の大部分とは価値観が合いませんでした。

 

僕は自分の理想の為、自己実現の為に毎日ナンパに明け暮れました。

 

 

当然、最初は地蔵から始まり、

少しずつステップを経て地蔵を克服し、

声を掛けたうちの大部分を連れ出す事に成功していました。

 

 

ただ、それは対女性スキルがそれなりに高かった事と、

連れ出せそうな女性を選んで声を掛けていたので当たり前の事でした。

 

当然、恋愛能力の低いナンパ初心者とは伸び方が段違いで、

僕はすぐにナンパに飽きてしまいます。(それでも一年継続して、ですが)

 

 

即る事を目的とせずに、まるで男女関係の

真理を探求するかのようにナンパを続けるのは非常に楽しかったです。

 

それでも、一年もやっていると自分のナンパ能力も最大限高まり、

ある程度、ナンパを体得できた実感がありました。

 

 

この時点で、僕の”恋愛”の研究は結論が出て、

あくまでも僕の感覚ですが、人類の上位数パーセントに入り込んでいたと思います。

(かなり売れてるホストが喋る事が薄く感じるようになった)

 

夜の世界へ体験入店




ナンパにも飽きた僕は目標を失っていましたが、

そこで恋愛面でのメンターと出会う事になりました。

 

 

僕よりいくつか年上で、

恋愛能力は僕と同じくらいでしたが、

人生における哲学的な理解は僕よりも遥かに上で、

学ぶべきところがあると思い、僕は彼から学ぶ事にしました。

 

彼は僕と同じ共感力が優れているタイプで、

女性の悩みに共感して、心に入り込む能力に長けています。

 

 

それだけではなく、

女性が思わず感動して見上げてしまうような造詣が深い話をして、

強烈な尊敬を獲得する技を持っていました。

 

これは恋愛スキルを共感系と尊敬系に分けたときに、

尊敬系に分別される能力で、女性を自分の虜にする上で非常に有効な能力でした。

 

僕も無意識でこのノウハウは使ってはいたものの、

彼の方が数段、深い話をするので僕はその技を盗み、自分でもマスターしました。

 

そのノウハウを使うと、(当然食いつきがある事は前提ですが)

女性のこちらに対する信仰心がかなり深いものとなり、

よく言えば啓発、悪く言えば洗脳の域に達するものでした。

 

 

僕は性格上、あまり人を洗脳するのが好きではないので

今はそのノウハウを封印していますが、

恋愛能力はさらにアップデートされました。

 

 

僕もメンターも同様ですが、恋愛能力が高まると、

その辺の女子には一切興味がなくなり、

最終的には世の中で「美女」と呼ばれる存在を求め、

夜の街に繰り出すようになります。

 

 

当然、キャバ嬢やラウンジ嬢が対象となるのですが、

彼女達は自分の容姿を売ってお金を稼いでいる為、

いわゆる「恋愛能力が高い」です。

 

普通の男性なら、その色香にやられお金を貢いでしまうところですが、

恋愛能力が高まってくると、お金抜きでキャバ嬢やラウンジ嬢と渡り合えるようになります。

 

彼女達も仕事とはいえ、

本能的に色気を感じる男性と出会えば”女”が出ます

 

最も良いのは、どんな女性でも

同じ一人の女として接することができるようになることです。

 

このようにして、恋愛能力は磨き上げれば磨き上げるほど、

自分のゲットできる女の子のランクは上がっていくのです。

 

 

僕はその期間、キャバクラに行くほどの財力がなかったので、

自分でキャバクラでボーイやスカウトをしてみたり、

アプリでもキャバ嬢狙いで活動していましたが、

 

それさえも既に大学生のときに経験済みだったのであまり燃えることはなく、

自分のプレイヤーとしての活動は徐々になくなっていきます。

(欲しいと思う女性が減ってしまった)

 

 

 

指導者としてのスタート




プレイヤーとしての楽しみがなくなってしまった僕は、

今度は教える側に回ろうと思い、自分で恋愛コンサル業を開業します。

 

自分でいうのはあれですが、ここまで深く恋愛のことを考えて、

原理原則を追求し、発信している恋愛コンサルタントはいないと思います。

 

 

ただ、この僕の突き詰めすぎた

恋愛能力が商売をする上では仇となりました。

 

 

なぜなら、恋愛コンサルに申し込む人は、

かつての自分のようにモテない人や、

恋愛で困っている人な訳ですが、

プレイヤーとしてかなり上のレイヤーまで進んでしまった僕は、

モテない人や、恋愛能力が低い人と関わることが減ってしまい、

モテない人や、恋愛能力が低い人の気持ちが分からなくなっていたのです。

 

 

昔の僕がそうだったように、

「恋愛能力」という概念すら持っていない人は、

僕の恋愛能力が激高のノウハウを見ても理解できなかったのです。

(正しくは視界に入らない)

 

プレイヤーとしては順調でしたが、

指導者としてはいきなり躓きました。

 

なぜなら、SNSやブログの発信を理解してもらえないと、

コンサルの問い合わせが来ないからです。

 

僕は対面であれば相手の目線に合わせてコンサルはできていましたが、

ネット上の知らない人に対して目線を落として情報提供できなかったのです。

 

 

このことに気がついたのは、

実はかなり後です。

 

 

恋愛コンサル業を始めて1年くらい経ってから

「自分の発信をターゲットは理解できていない。」

ということに気がつき、慌てて修正して、それからは順調にコンサルを受注することができています。

 

 

実際にお客さんからコンサルの受注が来てからは、

正直そこまで困ったことはありませんでした。

 

きちんと最後までコンサルを受けてくれて、

成果が出なかった人は今のところいません。

(全員、目的を達成してから卒業してくれています)

 

 

これはナンパ師時代にひたすら街を練り歩き、

頭をフル回転させながら男女関係の真理を研究した賜物です。

 

ノウハウではなく、男女の生態レベルで理解した本質を伝えて、

その実行を徹底的にサポートしました。

 

ここまでやっているコンサルタントは絶対にいないと断言できます。

(ノウハウ・戦術に特化したコンサルが多すぎる。。)

 

 

ノウハウの何が良くないと思っているかと言うと、

まず、「ノウハウは誰が使うか」の前提部分にかなり左右されます。

 

 

恋愛能力がそれなりに高い人であればいいのですが、

そもそも女性から男性として見られていなかったり、

好意の対象じゃない人がノウハウを使っても効果が薄いです。

 

スポーツで基礎体力が大事なのと同じように、

恋愛にも前提部分ができていないと何をしても無駄になります。

 

 

恋愛で悩んでいる人は、

その部分ができていないから悩んでいるのに、

ノウハウを教えたところであんまり効果が出ないのでは。。と思ってしまいますね。

 

 

まあ、僕も経験した遠回りなので一度は通る道なのかもしれません。

 

 

コンサルだけでは勿体ない




以前から思っていたことなのですが、

コンサルって、どうしても1対1なんですよ。

 

これだとどうしてもレバレッジが効きません。

 

レバレッジとは、より多くの人に伝える。ということです。

 

僕のコンサルや知見には価値があると自分で思っているからこそ、

もっと多くの人に伝えよう!と思ったので、

コンサルにコミュニティの成分を足していくことにしました。

 

 

 

今回のコンサルは、

 

「僕と同じ価値観を持つ人達を更に恋愛強者に育てよう!」

「モテない人の人生を好転させよう!」

「みんなに、もっと恋愛を楽しんでもらいたい!」

 

という思いから製作しました。

 

 

 

 

恋愛コンサルのコンセプト

 

 


「恋愛面に関する悩みを全て解消してもらう」

 

というコンセプトで創り上げたこのコンサルでは、

実際に、可愛い彼女やセフレ、パートナーを作ってもらいます。

 

 

 

恋愛は、

 

出会いをどれだけ生み出せるか

      ×

出会った人をものにできるか

 

この二つの能力によって、成り立っています。

 

 

上記の二つの能力を

高めていく為のサポートと環境を用意しています。

 

 

 

 

恋愛コンサルの価格と内容

 

 

 

今回のコンサルは、

サポート期間と受けられるサポートによって

金額を変えることにしました。

 

 

 

 ◆3ヶ月+アフターサポート3ヶ月 30万円(税込み)

 

 

3ヶ月間のコンサルティングと、
3ヶ月間のアフターサポートを行います。

 

 

コンサルティングの主な流れは、

 

①カウンセリング

②面談

③服装・容姿改善サポート

④写真撮影

⑤マッチングアプリの攻略

⑥メッセージ・コミュニケーションの改善

⑦デートしまくる

といった感じになります。

カウンセリング・初回面談の際に、

大まかに目標を設定し、

3ヶ月で目標に到達できるよう、僕が舵取りをします。

 

アフターサポートがついているのは、

期間内に目標達成できなかった場合の保険です。

 

(期間が過ぎても結果が出ない場合はサポートを続けることが多いです)

 

 

 

 

 

 

◆1年間+アフターサポート1年間 50万円(税込み)

 

 

1年間のコンサルティングと、
+1年間のアフターサポートを行います。

 

 

コンサルティングの主な流れは、

3ヶ月のコンサルと同じです。

 

①カウンセリング

②面談

③服装・容姿改善サポート

④写真撮影

⑤マッチングアプリの攻略

⑥メッセージ・コミュニケーションの改善

⑦デートしまくる

といった感じになります。

 

3ヶ月のコンサルと違うのは、

半年で成果に到達できるかどうかと、

サポートの期限が事実上、一生ということです。

 

 

 

 

 

 ◆講座・コミュニティ参加のみ  10万円(税込み)

 

 

コミュニティ参加者の方は最初の1ヶ月間、
僕から容姿改善・写真撮影とマッチングアプリのサポートを受けることができます。

 

また、定期的に開催される勉強会懇親会
アプリ用の写真撮影会などの他の会員との交流と、
ンサル生に対しての返答

他のコンサル生のリアルな成功体験などの、

会員限定のコンテンツを受け取ることができます。

 

カリキュラムもしっかり作り込んであるので、
それに従って活動して頂ければ、モテる男になることができます。

 

また、メール・通話でのサポートを半年間受けることができます。

その間に僕から全てを吸収してください。

 

 

 

 

 

恋愛を本当に”楽しむ”ために




僕はそこそこの非モテからモテるようになった男です。

 

モテない時は悔しくて悔しくて、

生きてるのも辛い時期があったけど、

自分の殻を破り捨て、今ここに生きています。

 

 

モテない時は、毎日が地獄でした。

今は毎日が楽しいです。

 

この手紙を読んでいるあなたにも、

モテるようになって欲しいと心の底から思っています。

 

僕も最高のサポートを提供できるように頑張ります。

 

しっかりと成長して、
共に最高の景色を見ましょう。

 

 

それでは、
可愛い彼女やセフレを作りたいあなた。

 

 

ご参加お待ちしております。

 

 

オリバー

 

 

 

コンサル・講座の参加を申し込む場合は、
下記の公式LINEから問い合わせをお願いします。

 

恋愛コンサル問い合わせ用LINE

 

追加後に、「恋愛コンサル」と打ち込んで頂ければ、

24時間以内に対応致します。
講座希望の方も、カウンセリング対応可能です。

 

 

講座の決済は下記からお願いします。
(コンサルは別途案内します)

 

 

銀行振込(一括)での決済はこちら

 

 

クレジットカードでの決済はこちら

 

 

 

 

※製品の性質上、返金等は対応出来かねます。

※本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

 

 

特定商取引法に基づく表示・プライバシーポリシー